製造工程



わたふとん・仕立て直し工程

  • 預り布団の状態を確認




    ふとんの重量を測り中素材の品質・状態を確認する。

    打ち直し可能なら個別管理診断書を作成して解体の工程へ進む。
  • ふとんの解体
    側生地を剥ぎ、汚れた綿・ウレタンなど細かく分別する。

    ふとん専用解体機


    手作業で側生地と中わたを分別します


    中わたのみの状態にして打ち直しをする
  • わたの成型
    打ち直しするわたを開綿機で、ある程度ゴミや短くなった繊維などをふるい落とす。
    カード機を通りわたを成型する。
    お客様の要望に合わせて足し綿・ポリエステルを投入成型された
    わたの仕上がり具合・重量を確認。



    追加した新しい綿


    非常に細かい歯の隙間を通過します。
    不純物は、ふるい落とされます


    成型機から出てきたばかりのわた。ふかふかです。


  • 綿入れ
    側生地をセットして綿入れ機でわたを入れる


  • キルティング
     房付け・和とじ・コンフォーターで中綿が動かないようキルティングする。

    和風の布団は昔ながらの房付け・和とじ
    房付け機


    とじ機

    洋風のふとんはコンフォーターミシンでキルティング
    プリンス製コンフォーターミシン


    プリンス製ヘムミシン



  • 検査
    日本金属探知機製造株式会社製のアルミなど非磁性体も検出可能な、
    金属探知機で異物混入していないか検査する。
    その後、汚れ・ほつれなど無いか目視検査する。
    梱包して出荷となります。



 

羽毛ふとん・リフォーム工程

  • 預り布団の状態を確認

     
    重量・かさ高を測り中素材の品質・状態を確認する

    リフォーム可能なら個別管理診断書を作成して解体の工程へ進む

  • ふとんの解体
    解体機を使い側生地を剥ぎ中の羽毛を取り出し個別袋に入れる。



    ブロアで取り出した羽毛を袋の中に送ります
  • 水洗い
    水洗いする場合、TOSEN製の大型洗濯機・乾燥機にかける


  • リフレッシュ&パワーアップ
    羽毛をパワーアップマシンに投入して、攪拌しながら直接スチームと熱風をあてます
    弊社のパワーアップマシンは1枚づつできるようにパワーアップマシンを
    オーダーで製作いたしました。


    1枚分のスペースを作ることで他のお客様の羽毛が混じることはありません。
    1枚分のスペースしかないということで作業効率が悪くなりますが、より良いふとんを作るにはこれしかありません。
    ここが弊社のこだわりです。



    パワーアップ機で粉れた羽毛は下にふるい落とします


  • 羽毛充填
    アルミ計量BOXに輸送して羽毛を側生地の1マスごとに重量を測りながら吹き込みます。




  • 羽毛投入口の縫製
    中の羽毛が出ないように側生地の吹き込み口を縫う

  • 検査
    日本金属探知機製造株式会社製のアルミなど非磁性体も検出可能な、
    コンベア式金属探知機で異物混入していないか検査する。
    その後、汚れ・ほつれなど無いか目視検査する。
    梱包して出荷となります。


    羽毛やほこりをエアブローする


    汚れ防止の袋に入れる